総工費5億円 超リアル「チャギントン」が岡山に登場

カテゴリ:暮らし

  • 人気鉄道アニメ「チャギントン」が岡山の路面電車で実現
  • デザインは“ななつ星in九州”を手掛けた水戸岡 鋭治氏
  • アニメの世界では描かれていない電車内が現実に… 

岡山電気軌道の路面電車に3月16日に登場した「おかでんチャギントン」
人気鉄道アニメ「チャギントン」の世界を忠実に再現して作られた車両が、お客さんを乗せて実際に街を走る。世界175以上の国と地域で放映されている、イギリス生まれの人気鉄道アニメ「チャギントン」。

いつも元気いっぱいのウィルソンや、力持ちの機関車ブルースターたちが暮らす街が舞台のアニメだ。
1編成2両で、赤のウィルソンと青のブルースターが連結されている。

車内にもチャギントンのキャラクターがたくさん溢れている。
小さい子どもでも安全に乗れるように座席部分が工夫されていたり床に座ってDVDを楽しむこともできる。

他にも、子ども心をくすぐる仕掛けが随所に施されている。
窓についている「日よけ」、一つの窓につき3枚の絵柄の異なる日よけがついていて
外から見ると、それぞれの窓から違ったキャラクターの顔が覗き、組み合わせは何十通りにもなる。

総工費約5億円をかけてつくられた2両編成の今回の観光電車。あの豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」も手掛けた岡山市出身のデザイナー水戸岡鋭治さんがデザインを手がけた。

デザイナー 水戸岡鋭治さん:
子どもたちが乗った時にこれが心と体で感動体験し、思い出に残るような機会になれば…

街の新たな観光の目玉にしようと、電車の外観はもちろんアニメでは描かれない内装も充実。運行する間も専属のナビゲーターがチャギントンにまつわるクイズや踊りで子供たちを楽しませる。

岡山電気軌道 小嶋光信社長:
楽しく走り回れる街づくり…一気に街が明るく楽しく、世界にない乗り物の街ができると思う。

岡山駅前発、東山着と東山発、岡山駅前着の2つのコースがあり、1コース7.2キロの道のりを約1時間かけて運行する。

定員は、大人16人と子供20人。平日の運賃は、大人が3400円、子供が1900円。(休日は100円増)

アニメから現実の世界へ飛び出したおかでんチャギントン。
岡山市中心部を1日4~5回走り街の盛り上げに一役買うだろう。

(岡山放送)

FNNピックアップの他の記事