ラブソングの女王・西野カナ(30)バースデー婚…お相手は市川海老蔵似の元マネージャー

  • 西野カナが30歳の誕生日3月18日に結婚
  • お相手は市川海老蔵似の元マネージャー
  • ヒット曲の歌詞になぞらえた祝福の声殺到

西野カナが30歳の誕生日3月18日に結婚

リアルな恋愛観をつづった歌詞が、女性ファンを中心に支持を集め、紅白歌合戦にも9年連続で出場しているラブソングの女王・西野カナさん。

お相手は市川海老蔵似の元マネージャー

その西野さんが30歳の誕生日を迎えた3月18日結婚することがスポーツニッポンで報じられた。

記事によるとお相手は西野さんの元マネージャーで目力の強い市川海老蔵さん似の男性。3年以上の交際期間を経てゴールインしたという。

2月3日のライブを最後に無期限で活動を休止していた西野さんの突然の結婚報道。

ヒット曲の歌詞になぞらえた祝福の声殺到

ネット上では西野さんのヒット曲「トリセツ」や「会いたくて会いたくて」などの歌詞になぞらえたユーモアを交えた祝福の声であふれた。

「誕生日そして結婚おめでとう」
「幸せになってほしい」
「ご主人はトリセツをよく読んでね」

「会いたい人に会えたのですね」
「ようやく震えがおさまったんだね」
「西野カナの震えが止まる日がくるとは!」

西野さんが活動休止する前に、最後に作詞を手がけたシングル曲「Bedtime Story」にはプロポーズを思わせる歌詞も…

「♪ああ、どうか僕のそばに、ずっと僕のそばにいてほしい」

デビュー当初、せつない恋心や悩みをつづった歌詞で女性の心をつかんだ西野さんの最近の楽曲の変化についてファンからは…

「歌の内容がだんだん明るい恋の歌になっていたのは、私生活がリアルに影響してたんだね」

と納得する声も上がっていた。

(プライムニュース イブニング3月18日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事