「SNSの広告で必ず儲かる」嘘の勧誘で181億円を集めたとされる女らを逮捕…約2万人を騙した手口とは

  • セミナーを中心に勧誘し「絶対に損しない」とSNSに広告を掲載する権利を販売
  • 他人を紹介するとボーナスポイントがもらえる仕組みで、被害が拡大したとみられる
  • 被害者「クーポンの値を確認することはできたが、換金方法はわからない」

「“大富豪輩出システム” で必ずお金が増える」

大きなスクリーンをバックに司会者に紹介され、スポットライトが当たるステージに上がった女。
特定商取引法違反の疑いで逮捕された吉野美穂子容疑者(66)だ。

「ド貧乏で死のうかと思ったのに、鳴った電話1本で救われて、敗者復活戦で今、大金持ち。その吉野でございます」と挨拶をした吉野容疑者は、自らの成功体験を語り、SNSに広告を掲載できる権利を販売。

「必ずお金が増える」などと嘘の勧誘をするなどして、2016年7月に被害者から約260万円を集めた疑いが持たれている。

吉野美穂子容疑者

勧誘に使われたのは、第2のフェイスブックを目指してマレーシアで設立された「Mface」と称するSNSだ。

吉野容疑者は、自らが代表を務める会社でこのMfaceに広告を掲載する権利を販売。
セミナーを中心に勧誘し、「購入特典として受け取れる電子クーポンは、“大富豪輩出システム”呼ばれる仕組みによって運用され、絶対に損しない。必ずお金が増える」などとうたって購入を呼びかけていた。

吉野容疑者は、セミナーで参加者対して次のように話していた。

吉野容疑者:
(最初)怪しいと思った方、どれくらいいらっしゃいます?
黙っていても、何もしなくても、みなさんのクーポンはちゃんと上がっています。
みなさんはこれから先、お金を失うことはありません。みなさんの財産は増え続けます。大丈夫。

新たに人を紹介すると“換金できない” ポイントを付与

しかし、実際には、絶対に値下がりしないという根拠はなかった。

さらに、電子クーポンを換金する際に付与されるMfaceの仮想通貨「Mコイン」については、コインを利用してディズニーランドに泊まることができるなどと嘘の説明をしていた。

被害にあった人は、「ネットにログインして、GRC値(クーポンの値)がこれくらいとか見られたが、それを現金化することもできないし、どういうふうに換金すればいいのかも全然わからない」と話す。 

このMfaceの広告権をめぐる勧誘は、他人を紹介するとボーナスポイントがもらえる仕組みで、ポイントは自分の傘下に人が増えるごとに増加していったとされている。
しかし、ポイントを換金することはできず、実際の価値はないものだったとみられている。

「どん底であればあるほど、その方は大成功できます」と語り、高齢者など全国2万人以上から、合わせて約181億円を集めていたとみられる今回の事件。

吉野容疑者は、調べに対して「言動については覚えていません。ミスをして話したかもしれません」と話しているという。
警視庁は、吉野容疑者のほか3人を逮捕し、実態解明を進めている。

(「プライムニュース イブニング」3月13日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事