高2女子は“ネットいじめ”が原因で自殺か? 陰湿化するネットいじめの特徴と対策は

カテゴリ:地域

  • 「ネットいじめ」を訴えるメモを残して死亡した高校2年の女子生徒
  • 最近の特徴「相手が特定しづらい」「気づかない場所で進行」「証拠を残さない」
  • ネットいじめに対する対策は?

死亡した少女が残した「ネットいじめ」を訴えるメモ

「一番はやはり子供が生きていることですよね?
いじめがなくて楽しい学校生活ができる。それ以外に何もないです。
本当に今じゃもう、寂しい日々が続いているだけです

悲痛な胸の内を語ったのは、2月に死亡した高校2年生の女子生徒の父親。

娘は、群馬県前橋市の県立高校に通う2年生の伊藤有紀さん。
有紀さんは、2月1日に市内の踏切内で電車にはねられ死亡した。自殺とみられる。

有紀さんは、「ネットによるいじめ」を訴えるメモを残していた。

メモに書き残されていた言葉。
先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われてるのは本当なのに。証人が覚えてないから、私が助かるためにウソをついたように見えたの?ヒドイよ。

父親は「小さなメモ書きがいっぱい筆箱から出てきた。読んでいったら随分うちの子供、いじめみたいな事されてたんだなと。いま学校に対しての要望よりも不満だけが頭をよぎってますよね。結局は命を落とす羽目になっちゃたよね」と語った。

学校側は12日、いじめについての聞き取り調査結果を、女子生徒の遺族に伝えるということだ。

相次ぐ「ネットいじめ」の悲劇

 「ネットいじめ」が原因とみられる悲劇は他にもある。

2018年8月、東京・八王子市で中学2年生の女子生徒が、部活動の先輩らからLINEで批判されたことなどからいじめにあい、その後、自殺を図った。

文部科学省の調査によると、ここ数年、「パソコンやケータイによる中傷や嫌がらせの認知件数」は増加の一途をたどっている。

渋谷の街で聞いてみると、
鍵掛かってるの(SNS)だと、結構悪口書いてあったり…」(高1女子)
「インスタとかで(悪口が)見えるようになっているのは、昔と違って今のSNSの怖いところだと思う」(高1女子)
などの声が聞かれた。

最近のネットいじめ ①相手が特定しづらい

最近の「ネットいじめ」は、以前より陰湿な傾向にあり、大きく3つの特徴がある。

1つ目が、「匿名で悪口などが書き込まれ、相手が特定しづらい」こと。
例えば、若者に人気のアプリ「質問箱」。匿名で誰にでも質問ができるのだが…

「悪口とか、『性格悪そう』とみたいなことを質問して、それを本当に受け止めて、傷ついている人はいるかもしれない」(高1女子)との声が聞かれた。

②気づかない場所で進行

2つ目は、「気づかない場所でいじめが進行する」こと。
例えばLINEのプロフィール画面で、アカウント名の下に書き込める最大500文字のメッセージ欄。

「友達と遊ぶ約束をしていて、親の用事で行けなくなったと伝えたところ、(相手のプロフィール欄の)一番下に悪口とか書いてあったり、『来たくないなら別にいいし』みたいに(書かれた)」(高3女子)との声もあった。

「ネットいじめ」に詳しい千葉大学藤川大祐教授は、「本人も見ていない場合もあるので、被害にあったとわかるのは、友達が教えてくれたからというケースが多い」と話す。最後までスクロールしないと、陰口を叩かれていても気づかないという。

③証拠を残さない

3つ目が、「いじめの証拠を残さない」こと。
藤川教授は「FacebookとかInstagramでは、ストーリーという機能があって、24時間で消える。その中に悪口を紛れ込ませ、一定時間が来たら消してしまう」と話す
一定時間が来たら、いじめの証拠が消えてしまうため、相談を受けた親や学校も事態を把握しにくいという。

「ネットいじめ」の被害にあったら

より陰湿さを増している、最近の「ネットいじめ」。被害にあった場合、どんな手を打てばいいのか?

藤川教授は「インターネットのいじめにあわないというのは、みんながインターネットを使っている以上無理。もし悪口が書かれると、どんどん拡散してしまう。“ネットいじめ”は展開が速いので早めに相談することが重要だ」と指摘する。

そして、「基本的に管理者に要求をすれば削除が可能。人権侵害になる投稿は本人の許可なしに管理者が削除できる」と話す。
さらに、「悪口が消されないうちに、スクリーンショットを残して相談する」ことも重要だという。

また、4月の新年度からSNSデビューをする人に対し、藤川教授は、
まず自分が人を傷つけることは書かない
友達がひどいことを書かれていたらすぐ先生などに相談する
ことを注意点としてあげた。

(「めざましテレビ」3月12日放送分より)

めざましテレビの他の記事