トヨタ“月”を目指す?JAXAと連携して宇宙探査へ

  • トヨタ自動車とJAXA(宇宙航空研究開発機構)が探査機の開発などで連携へ
  • 「月の水資源を押さえたものが、今後の宇宙開発を制する」
  • 日本は宇宙探査で実績を作って国際ルール作りでも優位に立ちたい考え

探査機の開発などで連携

トヨタ自動車は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と宇宙探査で連携する。

協業は、月面などを想定した探査機の開発などで検討するとみられていて、トヨタによると、JAXAが3月12日に東京都内で開くシンポジウムに、トヨタの副社長と宇宙飛行士の若田光一さんが登壇し、連携の方針について公表するという。

トヨタとJAXAは、2012年ごろから小型人型ロボットを大型国産ロケットに積み込み、宇宙空間で作動させるプロジェクトでも連携していた。

国際ルール作りでも優位に

連携の背景について、経営コンサルタントの森田章氏は、
「月の水資源を押さえたものが、今後の宇宙開発を制すると言われている。月の北極と南極のところには氷の状態の水資源が数10億トンあると言われていて、人が暮らすときの生活資源として使えるほか、分解すると水素と酸素になるので、これがロケットの燃料になる。そうなると月が補給地点となって、もっと遠い火星などの天体に行くことも可能になるし、また、地球から行く際も、燃料を少なく軽くできることによって打ち上げコストを下げることもできる」と話す。

また、「アメリカ、ルクセンブルグ、UAEという宇宙開発に積極的な国はすでに法整備を進めていて、自国の企業が活躍しやすい環境をつくっている。今後利害が対立していくことになるので、国際ルールを作ることが必要になるが、日本としては実績を作ってルール作りでも優位に立ちたい考え」と指摘する。

(「プライムニュース α」3月6日放送分)

プライムニュース αの他の記事