ランチに月2万円使い放題!? 人気レストランが「社食」に…福利厚生の新たなカタチ

  • 携帯アプリにチャージされた金額内で 提携飲食店でQRコードで支払い
  • 社食アプリを開発した『シンシアージュ』が支払い代行 月末などに企業に請求
  • 「いきなり! ステーキ」や「シェイクシャック」など3000以上の飲食店と提携

月2万円まで提携飲食店が使い放題!

働く人のランチタイムが変わる。

IT企業に勤める工藤貴明さんには、ある悩みがある。

小僧com株式会社・工藤貴明さん:
お小遣いが少ないのがちょっと不満に思ってます。月に3万円くらいで…

お小遣いの少なさを嘆く工藤貴明さん

しかし、工藤さんがこの日頼んだランチは、セットで2000円以上するヒレステーキ200グラム!その理由について工藤さんは「月2万円まで使い放題なので」と笑顔で話す。

提携した近くの飲食店を社食として利用

工藤さんが勤める企業が導入しているのは、新たな形の福利厚生サービス「どこでも社食」。

スタートアップのシンシアージュが2017年7月から始めたもので、提携した近くの飲食店を社食として利用できる。

「どこでも社食」のアプリ

このサービスでは、導入した企業が設定した金額が、社員1人ひとりのアプリにチャージされ、提携飲食店に設置されたQRコードを読み取るだけで支払いが完了する。

支払いは、「どこでも社食」を運営するシンシアージュが代行し、月末などに企業に請求する仕組み。

企業が設定した金額を社員1人ひとりのアプリにチャージ

3000以上の飲食店と提携

「いきなり! ステーキ」や「シェイクシャック」などの有名店をはじめとする3000以上の飲食店を社食として利用できるこのサービスは、現在、メルカリなど30以上の企業が導入している。

工藤貴明さんは、「いろんなところで食べられるので、コンビニ弁当とか偏った食生活にならずに済んで、お小遣いの減り具合が全く違うので、助かったなというのを実感しました」と話す。

あるレストラン運営会社の調査によると、1000人規模の企業が社食を設置する場合、初期費用は約1億円。
維持費には月2000万円ほどかかり、中小企業が社食を設置するのは難しいという。

小僧com株式会社・平松圭代表取締役:
チーム内でコミュニケーションを取ってもらって、仕事に生かしてもらえるのなら、月2万円支給は必要なものじゃないかと思ってます。月々の予算達成であったりとか、どれだけ頑張った、MVP取ったという人が、例えばプラスアルファで5000円予算がつくであったりとか、そういったことは考えていきたい

小僧com株式会社・平松圭代表取締役

社員同士のコミュニケーション活性化などにも一役買いそうな「どこでも社食」。飲食店側にとっても、集客率アップにつながり、双方にメリットを生み出す可能性を秘める。

飲食店を社食にしてしまう新たな発想は、今後、企業の福利厚生の形に大きな影響を与えるとみられる。

「プライムニュース α」3月5日放送分)

プライムニュース αの他の記事