「顔採用、はじめます。」攻めたコピーでもネットは好意的…その狙いを聞いた

カテゴリ:国内

  • 老舗化粧品メーカーが2020年卒を対象に“顔採用”で募集を開始
  • 担当者「社内では“炎上”の懸念もあった」
  • 「あえて“顔採用”とすることで、個性を楽しめる就活になってほしいとの願いを込めた」

顔採用、はじめます。

今の時代に大丈夫なの?と思ってしまうようなキャッチコピーで、化粧品を扱う伊勢半グループが3月1日、採用活動を始めた。

顔採用で募集しているのは、商品のコンセプト立案から販促ツール開発を行う商品企画部門と、商品の広報やSNSなどのデジタルツールを活用した施策を展開するデジタルマーケティング・広報宣伝部門の2部門。

応募はウェブとInstagramからでき、「私らしさ」を表現している写真(3枚以内)と「自身のメイクや見せ方を通した『私らしさ』」を約200文字で紹介する文章の2点を提出する必要がある。

顔採用選考を通過すると会社説明会に参加でき、エントリーシートの提出、二次選考といった選考過程に進むことになるという。また服装とメイクについては、自身を表現できる自由な格好で臨んでほしいとしている。

ネットで瞬時に情報が広がる現代、“ちょっとした言葉の使い方の間違い”で企業広告などが炎上する事案も増えている。

“顔採用”という「能力に関係なく容姿で判断して採用する」と揶揄する意味で使われがちな言葉を使って大丈夫なのかとこちらが心配になるが、好意的に受け止められているというからわからないものだ。

江戸時代に日本橋で創業した老舗企業が、なぜあえて攻めたキャッチコピーを取り入れたのか? 
その狙いを担当者に聞いた。

画一的な就活メイクなどが行われていることに疑問

ーー「顔採用、はじめます」をキャッチコピーに、“顔採用”を始めた狙いは?

今回募集する商品・宣伝企画部門は「型にはまらない自由な発想」で、ものづくりや企画立案をすることが求められるのに対して、新卒採用時において、画一的なドレスコードや就活メイクで行われていることに疑問を感じました。

また、就活時の自分のスタイルを表現することへの不自由さを感じている学生が多くいるという問題を背景に、190年以上に渡って化粧品と向き合う会社として、またブランドとしての姿勢(私らしさを叶えるブランド)を体現すべく、型にとらわれない“人財”を採用したいと考え、このような施策を実施しました。

ーーウェブの他に、Instagramでの応募を受け付けるのはなぜ? 

Instagramは今回のターゲットである学生が多く利用しており、また、「私らしさ」を自由に発信しているSNSであることから採用いたしました。

社内では“炎上”の懸念もあった

ーー「顔採用」という攻めたワードを使うことに反対意見はなかった?

一般的に「顔採用」という言葉はネガティブな印象を持たれてしまうかもしれませんし、実際社内でも、ネガティブな印象をもたれるのではないかという懸念もございました。

メイク採用という言葉も検討しましたが、あえて「顔採用」という強い言葉を使うことで、就活メイク一辺倒の就活市場に疑問を投げかけ、個性の表現を楽しめるような就活が一般的になってほしいという願いを込めて、このネーミングにいたしました。


ーー
キャッチコピーが炎上する可能性についての検討は?

ボディコピーに顔採用の意図や想いを明記しております。そのため、施策自体は好意的に受け止められてるように感じます。また、特設サイトでは、今回の顔採用のコンセプトムービーを公開しており、企画意図をよりわかりやすく伝えております。


ーー募集を始めてまだ数日だが、反響はあった?

検索ランキングや国内リツイートで上位にランキングし、顔採用が拡散されております。また、現在も多くの学生から応募がきておりまして、好調なスタートを切ることができました。

(画像:伊勢半)

確かに、キャッチコピーの下には“顔採用”と表現した意図が書かれていた。

「もちろん容姿で判断するわけではありません。
好きなメイクで来てもらう、メイクを通じて自分を表現してもらうという採用です。
わたしたちは、本当のあなたに会いたいと思います。
就活用メイクにしばられたあなたではなく、好きなメイクで、いきいきしたあなたに。
ばっちりメイクなのか。ノーメイクなのか。憧れの人と同じメイクなのか。メイクは自己表現のツールであるからこそ、どうすればあなたに伝えられるか、ぜひこの機会に考えてみてください。」


社内では“炎上”を心配する声もあったというが、こうした意図や想いを添えてしっかり企業の姿勢を見せることがネット上などでの好意的な反応につながったのだろう。

男性でも女性でも、すっぴんでもフルメイクでも大歓迎

ーーネットでは好意的に受け止められている。この反応をどう思う?

弊社の「顔採用」に共感いただけるご意見を、予想以上に多く拝見でき、大変嬉しく思っております。メイクのテクニックや、当然ながら容姿で判断するものではありません。

男性でも女性でも、すっぴんでもフルメイクでも、大歓迎です。本当のあなたにお会いしたいので、ぜひご応募お待ちしております。

(画像:伊勢半)

「顔採用、はじめます」という言葉の根底には、化粧品メーカーの伊勢半が感じていた「就活メイク一辺倒の就活市場への疑問」があった。応募期間は3月11日まで。我こそはと思う学生は、応募してみてはいかがだろうか。

SNSには魔物がいるの他の記事