中国政府対応は適切と主張 中国・王毅外相

カテゴリ:ワールド

中国の王毅国務委員兼外相は、新型コロナウイルスへの中国政府の対応は適切だったと主張した。

王毅国務委員兼外相「このような徹底的、全面的な対策は、いかなる他の国もこのようにはできないし、他のいかなる国の指導者であっても、おそらく大きな難題だと思うだろう。しかし、中国はできた」

王毅外相はさらに、中国からの渡航を全面禁止したアメリカなどを念頭に、「WHO(世界保健機関)の意見をはるかに上回る措置をとっている」として、対応が過剰であるとの見解を示した。

こうした中、北京市は、帰省先などから戻る人に、自宅や施設で14日間の経過観察を義務づけると発表した。

しかし、外国人も対象に含まれるのかなど、詳細は明らかになっていない。

中国本土の死者は、1,523人にのぼっている。