全国で拡大続く新型コロナウイルス タクシー車内 感染防止策は

カテゴリ:国内

日本国内で初めての死者が確認された新型肺炎。

亡くなった女性の親族のタクシー運転手の感染が確認されたほか、和歌山では医師と患者も。

そして14日は、沖縄でタクシー運転手の感染が明らかになるなど、全国に広がっている。

新たに沖縄県でも感染者が出た、新型肺炎。

その人物は、タクシー運転手の60代の女性。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が、沖縄・那覇に立ち寄った際、アジア系の乗客4人を乗せたと話しているという。

街の人は「誰が感染しているのかわからない。いつのまにかわたしたちも感染しているというのが一番怖い」、「いまも電車に乗ってきたので、どこも触らないように乗っていた」などと話した。

神奈川、東京、和歌山、千葉、そして沖縄。

国内での感染拡大が次々と明らかになる新型肺炎。

不安を増幅させているのが、感染経路がはっきりしないケースが出てきたこと。

和歌山で確認されたのは、済生会有田病院に勤務する50代医師の感染。

さらに、同じ病院に一時入院していた70代の男性も感染し、重症であることがわかった。

50代の医師は、1月31日から発熱などの症状があり、その後、自宅療養。

70代の男性が入院したのは、医師が自宅療養に入ったあとだったことから、県は直接感染したのではないとみている。

しかし...。

和歌山県知事会見「ちょっと本人(70代男性)が重症ですから、あなたは誰と会いましたかとか、そういうのはギリギリ聞けない状態であります。もちろん感染源も調査中ですけど、これはもっと難しいかもしれません」

神奈川県では13日、国内初となる死亡例が確認された。

亡くなったのは、80代の女性。

同じく感染が確認された、都内に住む70代のタクシー運転手の義理の母親だった。

FNNの取材により、このタクシー運転手の男性が、1月に屋形船で開催された組合の新年会に出席していたことが判明。

組合の新年会には、ほかの運転手やその家族など、およそ70人が参加していたという。

不特定多数の人々を乗せるタクシー運転手の感染が明らかになったことで、街には不安が広がっている。

街の人「密室空間にいると、感染力が高まると思う」

東京と沖縄で相次いで明らかになった、タクシー運転手の感染。

不特定多数の客を乗せる交通手段とあって、客側と運転手側、双方に不安が広がっている。

街の人「タクシーには必要時、乗ることがあるので、いつ感染してもおかしくないという恐怖感がある」

タクシーの車内で感染する可能性があるのは、どのような場合なのか。

タクシー会社の協力を得て、検証した。

運転手までの距離は、およそ1メートル。

せきやくしゃみで、飛沫(ひまつ)が飛ぶ距離。

さらに、この距離がぐっと近づく可能性があるのが、行き先を告げる時。

行き先を伝える際にスマホなどで地図を見せると、距離はずっと近づき、35cmほどに。

運転手歴18年・浅野貴之さん「お話をされている時は、このように面と向かいますので、せき込まれると、すごく非常に不安ではあります」

そして、最も警戒するのが、支払い。

運転手歴18年・浅野貴之さん「小銭でしたら、なるべく手のひらの近くにお渡しするよう心がけていますので、最短で手と手が触れあうことも多々あります。できれば、触れないようには心がけているつもりですけれども」

このタクシー会社では、運転手にマスクの着用を奨励。

さらに、客が降りたあとに触れた部分をアルコール消毒することで、車内での感染拡大を予防しているという。

運転手歴18年・浅野さん「密室の中にいる営業方法なので、不安がたくさんあります」

(関西テレビ)