米中合意「第1段階」発効へ 初の引き下げも...不透明?

カテゴリ:ワールド

米中貿易協議の「第1段階」の合意が、日本時間14日午後に発効する。

追加関税の引き下げは、貿易戦争が本格化した2018年夏以降、初めて。

日本時間午後2時1分に発効する「第1段階」の合意で、アメリカは1,200億ドル、およそ13兆2,000億円分の中国製品への追加関税を15%から7.5%に引き下げ、中国も報復措置の追加関税を一部、引き下げる。

中国は、今後2年間でアメリカから2,000億ドル、およそ22兆円相当の農産品や工業製品を購入すると約束している。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう混乱で購入が遅れる可能性も浮上している。