入港拒否クルーズ船 カンボジア受け入れ

カテゴリ:ワールド

日本やタイに入港を拒否されたクルーズ船「ウエステルダム号」は、カンボジア政府が人道的措置として受け入れを表明し、13日午後6時50分現在は、寄港予定のシアヌークビルの沖合に停泊している。

船には、日本人5人を含む2,300人ほどが乗っている。

港には、船を降りた乗客を空港に運ぶためのバスが用意されている。

地元メディアによると、当局は、体調不良を訴えた20人以上の血液を採取した。

ヘリコプターで、首都プノンペンに運び、検査する予定。

船の接岸は、早くても14日以降の見通し。

一方、感染状況が深刻な中国の湖北省と武漢市のトップ2人が、事実上更迭された。