【速報】覚せい剤と危険ドラッグ所持 歌手・槇原敬之容疑者を逮捕

カテゴリ:国内

危険ドラッグも所持していた疑いが持たれている。

覚せい剤所持の疑いで、13日午後4時44分、東京・渋谷区の自宅で警視庁の捜査員に逮捕された、槇原敬之容疑者(50)。

槇原容疑者は2018年4月、東京・港区のマンションで、覚せい剤およそ0.083グラムを持っていた疑いと、2018年3月30日、同じマンションで「ラッシュ」と呼ばれる危険ドラッグを持っていた疑いが持たれている。

警視庁は、槇原容疑者の認否を明らかにしていない。

2018年10月、歌手生活30周年を迎えたばかりの日本を代表するシンガー・ソングライターを襲った逮捕劇。

1999年8月にも、覚せい剤0.8グラムの所持が発覚し、現行犯逮捕。

懲役1年6カ月執行猶予3年の有罪判決が言い渡されていた。

FNNは、2月7日の深夜、槇原容疑者が渋谷区内の自宅に帰宅し、ワンボックスカーを降りる様子をとらえていた。

槇原容疑者は13日夜、留置される予定の警視庁東京湾岸警察署に向かうものとみられる。