『“感染拡大”最新情報 韓国経済と中国リスク 真田幸光&鈴置高史ほか』【後編】

ゲスト
柴山昌彦 自由民主党政務調査会長代理 衆議院議員
真田幸光 愛知淑徳大学ビジネス学部・研究科教授
鈴置高史 ジャーナリスト 元日本経済新聞編集委員

2月11日(火)放送分

 新型コロナウイルスの感染拡大による中国経済へのダメージが懸念されている。

 もし中国経済が悪化した場合、1月に“第1段階の合意”に署名したばかりの米中協議の行方や、トランプ大統領の対中政策にどんな影響が及ぶ可能性があるのか?

 また、輸出の約4分の1、外国人観光客の約3分の1を中国に依存する一方で、米中協議から少なからぬ影響を受けている韓国経済、そして感染拡大防止のために、いわば「命綱」である中・韓・露との交流を遮断した北朝鮮経済には、どんなダメージが広がっており、その結果として今後の南北関係や米朝関係はどう展開していくのか?

 朝鮮半島や米中の動向を注視してきた有識者と自由民主党の政策決定で中枢を担う政治家を迎え、新型コロナウイルスによる経済的な影響を読み解き、東アジア情勢の行方と日本の外交戦略の在り方について考える。

「BSフジ LIVE プライムニュース」番組サイト

BSフジLIVE プライムニュースの他の記事