クルーズ船で新たに6人感染 計70人...感染拡大か

カテゴリ:国内

新型コロナウイルスの感染が相次いでいる神奈川・横浜港に停泊中のクルーズ船で、新たに6人が、感染していたことがわかった。

これで、クルーズ船の感染者は70人となった。

新たに感染が確認されたのは、乗員5人と乗客1人で、乗員はフィリピン人の20代の女性と40代の男性3人、ウクライナ人の20代男性で、乗客はアメリカ人の70代女性だった。

乗員は、客室のドアノブは触らないなどといった、感染しないような対策を行っていたということで、どのように感染したのかわかっていないという。

これで、クルーズ船内での感染者はあわせて70人になるが、現在も濃厚接触者など数十人の検体検査が行われていて、感染者の数は、さらに増える可能性がある。

一方、乗客に必要な薬が不足している問題では、厚労省は、これまでに緊急薬のインスリンなど、およそ150人分を配布したとしているが、乗客の1人は「まだインスリンが届いておらず、薬を仕分けする人手が足りないと説明を受けた」と話し、配布作業に遅れが生じているとの説明もあったという。