出場権繰り越しなど周知を 東京マラソンで小池都知事

カテゴリ:国内

3月1日に行われる東京マラソンについて、小池都知事は、中国在住者の出場権の2021年への繰り越しや、予防措置の周知徹底を呼びかけた。

東京マラソンの主催者側は、新型コロナウイルスの感染拡大による移動制限で、中国在住者が、2020年の大会に参加できない場合は、国籍を問わず、2021年に出場権を繰り越せると発表している。

これを受けて小池都知事は、繰り越し可能なことの周知徹底を求めるとともに、感染予防のマスク着用や、体調が万全でない場合は、参加を見合わせるなどの対策を強化すべきとの考えを示した。