わからないを可視化 AIが変える学びのカタチ

カテゴリ:ビジネス

働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

AI(人工知能)が、生徒1人ひとりの弱点を可視化。

学力アップにつなげる。

静寂の教室。

生徒はイヤホンを着け、タブレット端末に視線を送るだけ。

200もの教室が導入待ちという“新たな学習のカタチ”とは。

東京都内の予備校で行われていた集団授業。

タブレットをのぞいてみると、科目や教材は生徒ごとに、それぞれ違う。

これは「atama+」というオーダーメイド型の授業。

生徒1人ひとりの理解度に合わせ、AIが先生となり、自分専用のカリキュラムを作成・提供してくれる。

例えば、数学の2次方程式。

理解するまでには、小学校の通分や約分などから、54の単元が複雑に関連している。

atama+では、診断テストを行い、AIが1人ひとりの“つまずき”の場所を特定。

どこがわからないかを可視化してくれる。

必要なところを必要なだけ学習することで、最短で基礎学力を身につけることが可能になった。

高校3年生「効率的に、素早く、自分のできないところだけできるようになっていって、点数が伸びていきやすいかなと思う」

基礎学力をAIが教えることで、講師の役割も変化している。

AIは、生徒のリアルタイムの学習状況も常に分析。

それに基づくコーチングのタイミングを、講師のタブレット上に表示する。

講師「間違えた原因とか、これを意識してれば解けたな、みたいなものを持っておくといいよ」、「今覚えたじゃん。次に出てきたときに間違えないから。そういうふうに蓄積してけば大丈夫だから」

生徒の“モチベーションアップ”や、勉強の仕方の“サポート役”に回っていた。

城南進学研究社・千島克哉COO(最高執行責任者)「AIによる個別最適化の授業では、ある種どんどん苦手を特定して、そこに対して、学年をどんどんさかのぼってく。さかのぼってくことは、生徒にとても不安なこと。こういうときに、さかのぼることの意味や意義、価値、そういったものを動機づけたり勇気づけたり、こういうことを、横にいる大人がしっかり指南してあげることが重要」

東大卒発のベンチャー企業「atama plus」が開発した、次世代の学習システム。

開発した稲田大輔社長は、その意義を「これからの社会で活躍するのに必要な力を身につける教育。テクノロジーの活用という意味で、実は日本は後進国になっているなと思って、このままだと日本が負ける、日本によくないと思って、新しい教育を日本も始めなきゃいけないと思う。基礎学力習得にかかる時間を短くすることで時間が余るので、余った時間で、社会で生きる力を習得してもらいたいなと思う」と語った。