「鈍感!」に「卑怯だ!」テレビ中継後の異例国会バトル   自衛官の子「パパは憲法違反?」めぐり非難の応酬

カテゴリ:国内

  • 決着したかと思われた「パパは憲法違反」議論が再燃
  • 「自衛官の息子」自民党議員の異例野党議員批判 
  • 「卑怯な不意打ち議員!」野党議員の猛反論と、自衛隊違憲論の今 

テレビ中継終了後の国会で異例の与野党応酬

【動画】テレビ中継後の異例の与野党バトルを映像で見る

2月28日、来年度予算案の採決を翌日に控えた衆院予算委員会。はじめの5時間は安倍首相が出席しての集中審議で全国にテレビ中継されたが、中継が終わった後の一般質疑で、与党議員による激しい野党議員批判と、それに対する猛反論という、あまり見ない強烈な場面があった。発端は2月13日の予算委での立憲民主党の本多平直議員と安倍首相の質疑だ。

発端となった安倍首相「パパは憲法違反?」問答とは

この13日の質疑で本多議員は、安倍首相が講演で憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正の必要性を説く際に使う「ある自衛官が、息子から涙ながらに“お父さん憲法違反なの?”と尋ねられた」というエピソードについて、実話なのか確認した。

質問する立憲民主党・本多平直議員(2月13日 衆院予算委)

安倍首相が「実話だ。防衛省から聞いた話だ」と答えたのに対し、本多議員が「私の実感と違う。私は小学校中学校とずっと自衛隊の駐屯地のそばで育ち、たくさん自衛官の息子さんがいたが、こんな話出たことがない。私の小中学校の時代ですらそうで、今こんな話は出ている実感がない」と指摘し、自衛隊は合憲なのだから改憲は不要と主張した。

これに対して安倍首相が「本多議員は私の言ったことはウソだと言っている。非常に無礼な話だ。私が嘘を言うわけない。人格攻撃ではないか」と激高し、本多議員も「たとえ話なのか実話なのか聞いただけじゃないか」と反論する応酬となった。

答弁する安倍首相(2月13日)

その後、安倍首相は20日の予算委で「防衛省担当の首相秘書官を通じて、航空自衛隊の幹部自衛官から聞いた話だ」と答弁し、本多議員は秘書官の証言を求めて不満を示したものの、この話題は落着したかに思われた。しかし、これが28日の予算委員会で蒸し返されたのだ。その主は本多議員ではなく、自民党議員だった。

「私は自衛官の息子」自民党議員の野党議員猛批判

「自民党の小田原潔です。さっそく本題に入ります」

 こう切り出した当選3回の自民党議員で、本多議員と同い年の小田原潔氏。父親は元自衛官だ。そして冒頭から本多議員の2週間前の質問に噛みついた。

「総理のエピソードが作り話だと言わんばかりに随分と時間を費やされました。(本多)委員に個人的な感情はありませんが、あの発言を聞いて血液が逆流するんじゃないかと思うほど憤りを覚えました私は自衛官の息子であります。委員と同年齢、昭和39年生まれです。自衛隊官舎で育ちました。総理のエピソードが航空自衛隊の幹部自衛官ということであれば、なおさら合点がいきます。目に浮かぶようであります」

本多議員の質問を批判する自民党・小田原潔議員(2月28日 衆院予算委)

小田原議員は「背景には自衛官の息子に共通する生い立ちがある。転勤に次ぐ転勤。ほかの職業の転勤転校とはちょっと違います」などと自衛官の子供ならではの苦労話を続けた後、自らが少年時代の小・中学校教科書に「戦争を放棄した憲法のもとで、武器を持つ自衛隊があることなどは多くの議論を呼んでいる」「憲法違反であるという意見も少なくない」と記述されていたことを指摘し、次のように声を張り上げた。

「エピソードが本当かどうかなんてことで国会の時間を費やすのであれば同い年の私が真実で上書きしたい。委員が育ったあのころ、多くの自衛官の子供が憲法の定め、授業や大人のふるまいに傷つき悩み、無力感を飲み込んで成長したんです」

小田原議員が指摘する教科書の自衛隊違憲論への言及

さらに小田原議員は、現在使われている中学の教科書でも「自衛隊は憲法に違反するという主張もある」と書いていると指摘し次のようにボルテージを上げた。

「今でも毎年毎年何万人の子供たちが嫌な思いをしながら座っているんです。私は父に憲法違反なのと聞かずにすみましたが、もし聞くことがあったら私も泣くと思います。自衛隊が憲法違反という大人の声は、テレビをつければ耳に入ってきます。一家だんらんの時そんな話題が流れてきたらどんな雰囲気になるか皆さん想像できるでしょう」

小田原潔議員(2月28日)

「あまりに鈍感!」小田原議員からの非難に本多議員は…

そして小田原議員は、本多議員の質問について感情を込め、大声で非難した。

 「お父さんが憲法違反と言われたから涙が出るんじゃないんです。こんなことを聞いたら父は悲しむって百も承知だけど、今日あったことが辛くて我慢できないから親には聞いてほしい。聞いた瞬間に親がどんなに心を痛めた表情になるかわかっているから口に出す前から涙が出るんです!こんなこともわからないで、私は駐屯地の近くにいて実感がないんですというのはあまりに鈍感!全国の自衛官とその家族はやりきれません」

小田原議員はその後、この件に関して柴山文科相に質問したが、一連の発言を委員の1人として聞いているしかなかった本多議員はその場でたまらず「何を言ってるんだ。何を人の意見を反論できない場で批判してるんだ!一方的じゃないかあなた!」と声を荒らげた。

声を荒げる本多平直議員(2月28日)

小田原議員は「憲法の記述が変わらなければ教科書は変わらない。教科書が変わらなければこれからも毎年自衛官の子は黙って授業に耐えていく。その結果自衛官の子は心で泣く。これを放っておく国でいいのか」と訴え、次の質問に移った。そしてそれから約2時間後、元から予定されていた本多議員の質問の時間となった。ちなみに本多議員も当選3回で、枝野代表の元秘書という経歴を持っている

「卑怯なやり方!」本多議員の反撃

本多議員は「外務大臣に冒頭質問しようと考えていたが大変看過できない出来事がこの委員会で発生したのでその問題を先に取り上げたい」として小田原議員への反論を始めた。

「たまたま私はきょうここで質問に立つことになっていましたが、ここは政府に対して質問する場で、特定の野党議員に反論権のないまま、その発言について非常に精細に批判をする。私は議会人として卑怯なやり方だと思っています。非常に憤って心が震えているんですけれど、そのことを強く批判して指摘しておきたい」

本多平直議員(2月28日)

本多議員は「与党の矜持」「政治家としての姿勢」で攻勢

さらに本多議員は、自らが民主党政権で与党議員だったときは「ヤジも控え目で、ましてや野党議員の質問を批判することはしたことがない」と指摘し、小田原議員について「与党議員の矜持として失格している」と非難した。

また本多議員は、小田原議員の発言は「政治家の姿勢としても問題がある」として、「自衛官の子供でなければ自衛官の子供の話をしてはいけない、そんなことを言い始めると国会議員は議論ができなくなる」と指摘。障がい者と議論しているときに「障がい者じゃない本多さんにはわからないよね」、女性議員と女性問題について話していて「あんたは男だからわからないよね」と言われ悔しい思いをすることもあると語り、次のように続けた。

 「私は自衛隊の駐屯地のそばで育ちました。多くの自衛隊のお父さんを持つ友人とすごしました。その過去を冒涜したように、お前は人の内心がわからない政治家だと、こんなことを指摘される覚えはまったくありません!障がい者の方の気持ちもわかるように、女性の気持ちもわかるように、そして自衛官の息子さんの気持ちもわかるように、そういう政治家になりたいと思っています。あなたのような人にいきなり、真剣に予算を議論する委員会で個人攻撃をされる覚えはありません!」

本多議員の反論 小田原議員のエピソードは昔のこと?

その上で本多議員は、小田原議員が自らの自衛官の息子としての少年時代の苦労話を語ったことについては、当時の野党第一党の社会党でさえ自衛隊違憲論を展開していた昔の話であり、自衛隊の存在が国民により定着している現在とは状況が違い、現状は変わっていると主張。自らの自衛隊への敬意を強調した。

「私は時系列も大事にしているんです。野党第一党が憲法違反だと言っていた時期はまだまだ厳しかったでしょう。そこから自衛官の方が努力されて、私たちはいま野党第一党だけど憲法に違反していないのは当然だと、合憲の存在として尊敬している。あなたの姿は観閲式で見なかったけれど私は昨年観閲式に行って参りました。自衛官の方に最大限の経緯を払っています。そういった思いも無視して一方的に批判する。非常によろしくないと思いますよ」

一強体制を揶揄しつつ「発言は安倍首相にもマイナス」

また本多議員は、小田原議員を小笠原議員と言い間違え、周囲に指摘されると「どちらでも私にとってはいいです。卑怯な不意打ち議員!」と感情を露わにする場面もあったが、次のように安倍一強と言われる自民党の状況の揶揄も交えつつ、小田原議員の質問は安倍首相の憲法改正にもマイナスだと指摘した。

「この政権の問題点、安倍総理の提灯持ちをして出世をしようという方もいるでしょう。そうではなくて(野田聖子)委員長や石破先生のようにしっかり戦っている方もいる。しかしあなたのやっていることは安倍総理のアシストになっていない。あなたがこう言うから明日もこの議論を続けますよ。安倍総理をアシストしているおつもりかもしれないがそれはマイナスになっている」

憲法に自衛隊明記の意義の有無…さらなる論争を

その後、本多議員は、本来予定していた河野外相らへの質問に移った。そして翌3月1日の予算委員会の冒頭、野田委員長は、小田原議員の質問を念頭に、「新年度予算は国民も大変注視している。特定議員への誹謗中傷ととられかねない発言は無論、議員の自由な質問権を害しかねない議論は慎むように」と注意を行った。

与党議員による野党議員の質問に関する個人批判とそれに対する猛反論という、今回の異例の応酬。そのあり方の是非はともかく、安倍首相が主張する「自衛隊を憲法9条に明記」することで、自衛隊に関する何が変わり、何が変わらないのか。変化が生じるならいい変化なのか悪い変化なのか。また、日本国憲法の最初に改正にふさわしい価値や意義があるのかないのか。こうした論点は今後も冷静な場での突き詰めた議論が求められそうだ。

取材部の他の記事