「声が出た!」堀ちえみ 舌がん手術後 “初めての声”「この感動忘れない」

  • 堀ちえみ 舌がん手術後出せなかった声が出せるように 
  • 『あーっ』と声を出してみて 久々の自分の声に感動
  • お見舞いに来てくれた子供たちに「大人になったなぁ」

堀ちえみ 舌がん手術後出せなかった声が出せるように

「声が出た!」

昨日手術後初めて、
声が出す事が出来ました!
(堀ちえみさんのブログより)

ステージ4の舌がん手術を受けた堀ちえみさんが2月28日午前11時ブログを更新し、手術後初めて声を出せたことを報告した。

堀さんは先週22日に舌の6割を切除し、太ももの組織を移植させる手術を受けた。同時に首のリンパを腫瘍を取り除いた際、のどを切開する必要があったため、手術後は声が出せず、やりとりは筆談で行っていた。

昨日までは空気を
鼻からしか出す事が出来ず、
切開した喉の方へ。

そうした事から、
声を失った状態でした。
(堀ちえみさんのブログより)

それを昨日の午前中、
声を出せるように施して頂きました。

もちろん話す事は出来ませんが、
実際に自分の声を聞いて、
とても安心しましたし、
何よりも嬉しかったです。

先生曰く、
「とにかく喋って下さい」
「独り言でもいいので、
なんでも喋って下さい」
との事です。

リハビリ次第で
どれだけ話せるようになるか、
というスタートラインに
何とか立つ事が出来たのだなぁ、
と感慨深い気持ちで一杯です。

『あーっ』と声を出してみて 久々の自分の声に感動

「あーっ」
と声を出してみて、
久々に聞いた自分の声。

その声が耳に残って消えません。
(堀ちえみさんのブログより)

アイドル歌手としてデビューした堀ちえみさんに5日ぶりに戻ってきた「声」。

26日はまだ声が出せない状態でブログを更新し、
「応援してくれる人にたくさんの『ありがとう』を言葉で伝える事が出来るように頑張る」
とつづっていた。

見舞いに来てくれた子供たちに「大人になったなぁ」

今は、堀さんの子供たちが入学式や期末試験を控える中、学校や仕事の合間をぬってお見舞いに訪れているという。

兄妹で支え合って、
私の代わりを務めてくれているとの事です。
(堀ちえみさんのブログより)

お見舞いに来てくれた時に、
「大人になったなぁ」
と実感しました。

身体の方も
たくさんの管が一本ずつ外れていき、
それと同時に少しずつ楽になってきています。

そのうちに声を出す事なんて、
当たり前のような日が来るのでしょうが、
この感動を忘れず、
感謝の気持ちを持って、
生きていきたいと思います。

(「プライムニュース イブニング」 2019年2月28放送分より)

ガンと闘うの他の記事