中国・武漢市からの旅行者 北海道・千歳市内で高熱・歯痛

カテゴリ:国内

新型肺炎の日本国内での感染が懸念されているが、23日から北海道を訪れていた中国・武漢市からの旅行者が、24日未明、高熱などの症状で病院に搬送された。

北海道の千歳保健所によると、24日未明、千歳市内の宿泊施設に滞在していた中国・武漢市からの30代の女性旅行者が、高熱や歯の痛みなどを訴え、救急車で市内の病院に搬送された。

通報時の体温は38度台前半で、歩くこともできたという。

保健所は検体を国立感染症研究所に送り、新型コロナウイルスによるものかどうか確認を進めている。

女性は15人ほどのグループで、新千歳空港から23日、道内入りしていて、保健所は一緒にいた旅行者についても症状がないか確認を進めている。

こうした中、茂木外相は、感染のさらなる拡大も想定されるとして、24日午後、24日付で武漢市を含む湖北省について、感染症危険情報をレベル3に引き上げ、渡航中止勧告を出すと表明した。

(北海道文化放送)