狙われた500万円の愛車 オーナー悲痛「...放心状態」

カテゴリ:国内

盗まれたのは、改造費およそ500万円をかけた特別なスポーツカー。

盗難の一部始終が防犯カメラに映っていた。

埼玉県の中古車販売店に設置された防犯カメラの映像。

14日未明、突然黒いフードをかぶった人物が現れた。

車の鍵を無理やり開けようとしているのか、何やらごそごそ。

その5分後、今度は青いズボンをはいた、別の人物が現れた。

この2人に狙われた車は、およそ20年前に製造され、スポーツカーファンからは今も人気が高いという、日産のS15型シルビア。

改造費を含め、およそ500万円をかけてきた愛車だという。

「怒りを通り越して、ぼけっとして放心状態です。『まさか自分が』みたいな」と、カメラに悲痛な思いを語ったのは、オートフィール オーナー・澤田尚吾さん。

現場は、店の敷地内で、愛車はまさに一夜のうちに、こつぜんと消えていた。

いったい誰がどのようにして盗み出したのか。

その一部始終を防犯カメラがとらえていた。

黒いフードをかぶった人物が、ドア付近で長いものを手に作業。

すると、わずか1分半ほどでドアが開き、フードの人物は運転席へ。

現場には、犯行に使われたと思われる長さ1メートルほどの金属製とみられる道具が残されていた。

やがて、黒のジャンパーに青いズボンをはいた人物が合流。

2人でボンネットを開け、何かをしているとみられる。

ボンネットを閉じるまでの時間は12秒。

このわずかな時間で配線をいじったのだろうか。

そして、2人は何か大声で会話。

その後、黒いフードの人物が車に乗り込み、もう1人の人物は何かを伝え、車から立ち去る。

すると、鍵がないのにもかかわらず、エンジンが始動。

車は、ゆっくりと走り出し、現場から盗み出された。

わずか10分足らずの犯行。

澤田さんは14日、警察に被害届を提出した。

澤田さん「できれば返してほしいです」

被害に遭った車は4年前、子どもが独立したのを機に購入。

サーキットで走るために、さまざまなところを改造し、大切にしてきたという。

なんとか取り戻したいと、SNSでも被害を訴え、情報提供を呼びかけている。