秋元容疑者 架空領収書で偽装か 中国への旅費めぐり

カテゴリ:国内

IR(統合型リゾート)をめぐる汚職事件で問題になっている中国旅行の費用について、衆議院議員の秋元司容疑者(48)側が、贈賄側に対して、架空の領収書を発行させていたことがわかった。

秋元司容疑者は2017年、IRへの参入を目指していた中国企業の紺野昌彦容疑者(48)らから、中国旅行の費用など350万円相当の賄賂を受けた疑いが持たれている。

秋元容疑者の政治団体の収支報告書には、紺野容疑者の会社に、旅費256万円が支出されたという記載があるが、関係者によると、秋元容疑者側が128万円の架空の領収書2枚を発行させていたという。

秋元容疑者は、「旅費は払ったとの認識だ」と否認しているという。