全国の寺で盗み...被害3200万円か 同級生の2人組逮捕

カテゴリ:国内

全国19都府県の寺で、盗みを繰り返していたとみられる男2人が逮捕された。

被害総額は、3,200万円にのぼるとみられている。

西川悠容疑者(35)と石井竜ノ介容疑者(35)は、2019年10月、京都・福知山市の寺に侵入し、現金およそ29万円と通帳などを盗んだほか、兵庫・丹波市の寺では、現金およそ16万円と財布などを盗んだ疑いが持たれている。

被害に遭った寺の隣の住職は、「お菓子箱みたいなのがあって、あっと思いながら開けたら、通帳とか封筒とかずらっと入っていた」と話した。

2人は中学時代の同級生で、調べに対して容疑を認めていて、「無施錠や無人が多いから、寺を狙った」と供述している。

警察は、2人が19都府県で犯行を繰り返し、被害総額が3,200万円にのぼるとみて調べている。

(関西テレビ)