「はしか」感染拡大が止まらず 予防接種の"空白世代"は要注意!

カテゴリ:国内

  • 今年になってから患者が急増!
  • 手洗い・マスクに予防効果なし
  • 予防接種歴の確認を

超強力なウイルス!妊婦さんは要注意!!

高熱や発疹などが出る「はしか」=「麻しん」の患者報告数が、今年になってから200人を超えました。
この10年で最多のペースになっています。患者が確認された地域も22都道府県にわたります。
「麻しん」ウイルスは、感染力が極めて強く、免疫を持っていない人が接触するとほぼ100%感染します。

さらに、感染すると100%発症してしまうという、相当に強力なウイルスです。
しかも、「麻しん」に感染・発症しても、治療薬はありません。

特に注意すべきなのは、妊婦さんです
「麻しん」予防はワクチンが最も有効な手段となるのですが、既に妊娠している場合はワクチン接種を受けることは出来ないからです。
日本産婦人科医会は先日、妊娠中に「麻しん」に罹患した場合、母体の重症化や流産、死産、早産の頻度が上昇する報告があるとして注意喚起しました。

麻しんウイルスは、空気感染・飛沫感染・接触感染で、ヒトからヒトへ感染します。
実は、麻しんウイルスのように空気感染する病原体はほとんどありません。
「麻しん」は、感染者と同じ部屋や電車内にいただけでも感染し、感染力はインフルエンザの数倍と言われるほど強力です。手洗いやマスク着用などのよく言われる対策ではまず効果はありません

国際空港は高リスク!

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。熱が2~3日続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。さらに「麻しん」患者の30%に合併症がみられ、その40%が入院を必要とします。肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

実は日本は、WHOから2015年に『麻しんは【排除状態】にある』という認定を受けているのです。にもかかわらず、今回のように感染が広がるのは、免疫のない人が海外で感染してウイルスを持ち帰ってしまうからです。

アジア及びアフリカ諸国は、依然として多数の「麻しん」患者の報告があります。フランスやイタリアも患者数が多い国です。また、多くの海外渡航者が行き来する国際空港も最もリスクの高い場所のひとつです。

予防接種の“空白世代“

『はしかの予防接種は子供の頃に受けるはず。なのに、何故感染してしまう人がいるのだろう?』と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。現在多くの人は子供の頃にワクチンを接種していますが、実は“空白世代”とも言うべき年代があるのです。

「麻しん」ワクチンは、1回接種では十分な免疫がつかないことや年数を経ると免疫が低下することがあり、2回接種で確実な免疫がつくとされています。「麻しん」ワクチンは、1978年に定期接種になったものの、まだ1回接種でした。1988年からは、MMRワクチン(麻しん・おたふくかぜ・風しんの混合ワクチン)が認可されましたが、おたふくかぜワクチン株による髄膜炎が多発してしまいます。

これを受け、1993年にMMRワクチンは中止。以前の麻しんワクチンに戻ります。しかし、このことで接種率は一時低下してしまいます。

2006年からは、1歳児と小学校入学前1年間の幼児の2回接種制度が始まります。その後の2007年夏、10~20代中心に「麻しん」が大流行します。高校、短大、大学など160校以上が休校しました。そこで、2008~2012年度の5年間に限り、中学1年と高校3年相当年齢の人に2回目のワクチン接種が導入されました(キャッチアップ・キャンペーン)。

こうした経緯から、1978年10月1日~1990年4月1日に出生した中で、(キャッチアップ・キャンペーンからも外れ)免疫がある人ない人が混在する事態になったのです。

もし、妊婦さんと同居する方で、『麻しんワクチンの2回接種が明らかでない』『麻しんの感染歴がない』『(多発している国に渡航等)麻しんウイルスに曝露される可能性が高い』といった場合は、ワクチン接種等の対応について、医師にご相談ください。

【執筆:千春皮フ科クリニック 院長 渡邊 千春(医学博士)】
【関連記事:「その異変、病気かも」すべての記事をよむ】

その異変、病気かも?!の他の記事