水陸つなぎ“通勤革命”効果は 船&バスで実証実験

カテゴリ:国内

通勤ラッシュの緩和につながるのか。

船、バス、電車のスムーズな接続の実証実験が始まった。

午前7時50分、船の中には、まさに会社へ向かっている人たちでいっぱいとなっていた。

朝の時間帯、運河を進む船に乗っているのは、通勤する人たち。

船やシャトルバスを連携させ、通勤手段として利用する実証実験が、14日から始まった。

船は、1日4便運航し、定員は各30人。

希望者は、事前に予約し利用する。

地下鉄だと3駅6分の距離を、船とシャトルバス併せておよそ15分で移動。

時間はかかるが、利用者は「混み合わないところがいい」、「空間というか、快適に通勤できるのは、1つの新しいものじゃないかな」などと話した。

そして、このサービスの最大の特徴が、船とシャトルバスのスムーズな連携。

本来、アクセス手段のない船着き場と駅をシャトルバスでつなぐことで、複数の交通機関による移動を一本化。

船やシャトル便の位置が確認できるため、船が着くタイミングでシャトル便が手配でき、スムーズな乗り換えを実現した。

運営側は、船とバスの運行を一括して管理。

さらに、社内では電車の運行状況を表示することで、利用者はストレスなく、次の交通機関に乗り換えられる。

新たな通勤手段が生まれることで、従来の交通機関の混雑緩和も期待される。

複数の交通機関が連携する「マルチモーダルサービス」について、責任者のモネテクノロジーズ・宮川潤一代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)は、「鉄道とバスというのはよくあるパターンだが、そこに水路をつけてみたかった。それから今後、空飛ぶタクシーが始まるかどうかわからないが、そういうものが始まると、空路まで含めた世界観もできてくるし、マルチモーダルの世界でしっかり作り上げると、皆さんが乗ってくれるようになるから、交通の便が良くなればそれが発展につながる」と話した。