立てこもりから10時間 説得続く 20代男が女性人質に

カテゴリ:国内

島根・出雲市の運送会社で、刃物を持った男が女性1人を人質に取り、発生からおよそ10時間たった15日午前0時現在も立てこもっていて、警察が説得を続けている。

立てこもりが続く、出雲市神西沖町の運送会社「上田コールド」。

事件から10時間がたとうとしているが、男の立てこもりは続いている。

事件は、14日午後2時30分ごろ、警察に通報があり、20代とみられる男が「従業員は外に出ろ」などと言って、その場にいた40歳代の女性従業員1人を人質に取ったという。

現場には当時、7人ほどの従業員がいたが、女性のほかは屋外に逃げたという。

現在、女性は2階の会議室で人質になっていて、会議室の入り口付近で刃物を持っている男に対し、複数の警察官が説得にあたっている。

男は、警察官の話を落ち着いて聞いているという。

人質の女性には、今のところけがはないもようで、男との面識もないとみられている。

(山陰中央テレビ)