象牙持ち出し “ゾウの世話係”逮捕「自分の部屋で飾ったりしたかった」

カテゴリ:国内

ラオス人のラム・オウン・コウンサーワント容疑者(27)は、ゾウの世話係で勤務していた富士サファリパークで、死んだアフリカゾウの象牙などを不正に国外に輸出しようとした疑いが持たれている。

「自分の部屋で飾ったり、友達にあげたりしたかった」と話しているという。