お得な混雑緩和策スタート 東京五輪に向け

カテゴリ:国内

JR東日本では、東京オリンピック・パラリンピック期間中の交通混雑の緩和などのため、1月14日から31日まで、対象路線で、ラッシュ時以外に通勤・通学をした人にポイントなどを付与する。

また、会社以外の場所で仕事をするテレワークも推進され、東京・大田区には、自宅近くで仕事ができるよう、住宅街にワーキングスペースもある。

株式会社WOOC・西本明日美さんは、「混雑を回避することで生産性が上がったり、通勤時間が減ることで自分の時間、家族の時間が増える」と話した。

都は、より多くの人に参加してもらいたいとしている。