ヘンリー王子夫妻の財産・呼称が今後の課題に エリザベス女王が“引退”に理解

カテゴリ:ワールド

イギリスのヘンリー王子夫妻が主要な王族から退くと発表した問題で、エリザベス女王は13日、「2人の意志を理解し尊重する」との声明を発表した。

一方、妻のメーガン妃は、カナダに滞在中とみられる。

ヘンリー王子は13日、祖母のエリザベス女王や父親のチャールズ皇太子、それに兄のウィリアム王子らと、この問題について話し合った。

終了後、女王は、「2人が主要な王室メンバーであり続けることを望むが、2人の意志を理解し尊重する」などとする声明を発表した。

また、移行期間を設け、王子夫妻がイギリスとカナダで暮らすことに合意したとしている。

声明の中で、女王は「複雑な問題で、解決すべきことが残っている」としている。

今後、王子夫妻の財産や呼称の問題などについて話し合いが続けられるとみられる。

一方、メーガン妃が滞在しているとみられるカナダ西部バンクーバー近郊の住居近くでは、当局の船が警戒監視にあたる様子が確認できた。