【独自】取り押さえの瞬間 その時何が 男性はその後死亡

カテゴリ:国内

愛知・稲沢市で、12日、パトカーのサイドミラーを壊し、現行犯逮捕された男性が、警察官に取り押さえられた際に意識を失い、その後、死亡した問題で、FNNは取り押さえの様子をとらえた写真を独自に入手した。

うつぶせの男性を、警察官が3人がかりで取り押さえている。

1人が馬乗りになり、別の1人が、両手で男性の顔を押さえつけている様子がわかる。

稲沢市祖父江町で12日、57歳の男性が町内会の会合でトラブルを起こし、警察官に自宅まで送り届けられた際、パトカーのサイドミラーを壊し現行犯逮捕された。

警察によると、男性が暴れ続けたため、警察官が取り押さえていたところ、突然、意識を失った。

男性は釈放され、病院に搬送されたが、およそ6時間後に死亡した。

愛知県警稲沢署の吉田浩之署長は、取り押さえの方法について、「暴れたため取り押さえたが、結果として亡くなっているので、制圧の時間が長すぎなかったかなど調べる必要がある」と話している。

(東海テレビ)