「歩ける状態にある」交通事故の桃田賢斗選手15日にもマレーシアから帰国へ

カテゴリ:ワールド

マレーシアで交通事故に遭い、入院しているバドミントン世界ランキング1位の桃田賢斗選手の状態について、日本バドミントン協会は「歩ける状態にある」と明らかにした。

14日午後には、関係者が現地に到着し、桃田選手と面会するとしている。

桃田選手らは、救急搬送された病院で一夜を過ごした。

桃田選手ら4人は13日、乗っていたバンが、クアラルンプール郊外でトラックに追突して重軽傷を負い、現地の病院で手当を受けた。

顔などにけがをした桃田選手の状態について、日本バドミントン協会は「歩ける状態にある」と明らかにし、午後には関係者が現地に到着し、桃田選手と面会するとしている。

また桃田選手は、早ければ15日にも帰国できるという。

14日朝の地元新聞各紙は、桃田選手らの事故をトップニュースとして伝えている。

スター紙は、桃田選手が事故後、関係者に対して、「わたしはまだ競技ができますか?」と尋ねていたと伝えていて、桃田選手が事故直後に動揺していた様子がうかがえる。