金メダル候補 バドミントン・桃田賢斗選手 全身打撲  骨折の疑いも

カテゴリ:ワールド

激しく大破した車。そして、運転手は死亡。

乗っていた東京オリンピック金メダル候補の1人、バドミントンの桃田賢斗選手(25)も全身を打撲。骨折の疑いが出ている。

マレーシアで12日に開かれた、オリンピックイヤー初となるバドミントンの国際大会「BWFバドミントン マレーシアマスターズ2020」。

圧倒的な強さで優勝を飾った桃田賢斗選手。

この勝利の翌朝、日本のエースが、まさかの交通事故に巻き込まれた。

運転手は死亡し、桃田選手は、顔の複数箇所に裂傷を負ったほか、全身打撲。

骨折の疑いもあるという。

金メダルの期待がかかる東京オリンピックに影響は?

クラクションが鳴り響く、マレーシア・クアラルンプールの現場。

映像は、事故直後の13日朝に撮影されたものとみられる。

トラックの後ろにめり込む白い車、運転席には、まだ人が残されていた。

さらに事故の被害者なのか、路肩には、人の姿もあった。

このフロント部分が大破した車に、桃田賢斗選手が乗っていた。

2019年12月、東京オリンピックへの意気込みについて、「初心、感謝の気持ちを忘れずに自分らしくプレーできたらいいかなと思っています」と静かに語った桃田選手。

現在、世界ランキング1位で、“金メダルに最も近い選手”の1人。

マレーシアバドミントン協会関係者「運転手を含む5名が事故に巻き込まれた。5名の中には、桃田賢斗選手がいます」

地元メディアなどによると、桃田選手ら5人が乗った車が、高速道路で前のトラックに衝突。

桃田選手は、2列目に座っていたといい、事故は、空港に向かっている途中に起きたという。

この事故で、男性ドライバーが死亡。

車に乗っていた選手らは、病院に運ばれ、手当てを受けていて、桃田選手は眉間やあご、唇に裂傷を負ったほか、全身打撲のけがで、骨折の疑いもあるという。

前回のリオデジャネイロオリンピック前の2016年4月、違法賭博店に出入りしていたことが発覚した桃田選手。

無期限の出場停止処分を受け、金メダル候補でありながら、オリンピックに出場できなかった。

復帰後には、世界選手権2連覇を達成するなど復活を果たし、東京オリンピックでは、バドミントン男子シングルス初の金メダルが期待されている。

今のところ、容体は安定しているというが、気になるのは、オリンピックを含む今後への影響。

酒井形成外科・酒井倫明院長「交通事故で嫌なのは、首が後から頸椎(けいつい)症になったり、頸部の筋肉が痛められて、気分が悪くなったりする人がいる。それが一番心配」

桃田選手は、14日に開幕するインドネシアマスターズには出場せず、当面は、けがの回復に努める見通し。