警察官取り押さえ男性死亡 逮捕、釈放のあと...

カテゴリ:国内

12日、愛知・稲沢市で、パトカーのサイドミラーを壊したとして現行犯逮捕された57歳の男性が、警察官に取り押さえられている間に意識がなくなり、その後、死亡した。

警察によると、12日午後5時前、稲沢市祖父江町で、近くに住む57歳の男性がパトカーのサイドミラーを手で壊し、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。

その際、暴れたため、男性警察官3人がかりで、うつぶせの状態にして取り押さえていたところ、男性は意識を失ったという。

男性は、釈放されたうえで病院に運ばれたが、およそ6時間後に死亡した。

男性は、飲食店であった会合で、町内会の草むしりを業者に頼むかどうかで、ほかの出席者と口論になり、仲裁に入った警察官に、自宅近くまでパトカーで送られ、車を降りた直後だったという。

愛知県警稲沢署は、「意識を失った原因について調査を進めていきたい」としている。

(東海テレビ)