首相“仲介役”立場をアピール サウジ皇太子と会談

カテゴリ:ワールド

サウジアラビアを訪問中の安倍首相は12日、実質的な指導者のムハンマド皇太子と会談した。

政府関係者が「意気投合した」と語るように、イランと友好関係にあると日本と、対立するサウジアラビア、双方の思惑が一致した会談となった。

安倍首相「中東情勢の緊張の高まりを深く憂慮しております」

会談では、「中東の安定と緊張緩和に向けて、関係国が力を結集すべきだ」との認識で一致した。

またムハンマド皇太子は、自衛隊の中東派遣について、「日本の取り組みを完全に支持する」と表明した。

アメリカ軍が駐留し、イランと対立が続くサウジアラビアにとっては、イランと友好関係の日本と連携することで、情勢の安定を望む姿勢を内外にアピールする絶好の機会になったといえる。

一方、安倍首相は、緊張緩和に寄与する仲介役としての評価と、自衛隊の中東派遣への全面的な支持を得ることにつなげた。

安倍首相は13日、アラブ首長国連邦に移動し、重ねて自制と対話を求める方針。