“イランは全責任を”トルドー首相 イランのウクライナ機撃墜

カテゴリ:ワールド

イランが誤射を認めたウクライナ機撃墜事件で、57人の国民が犠牲となったカナダのトルドー首相は、イランに全ての責任を果たすよう求めた。

トルドー首相は11日、「イランは完全に責任を果たさなければならない」と述べ、原因究明の協力や地域の緊張緩和を求めた。

また、ウクライナのゼレンスキー大統領は11日、イランのロウハニ大統領と電話会談し、謝罪を受け、犠牲者の遺体の早期返還などで合意したと明かした。

ウクライナ機の撃墜をめぐっては、イラン革命防衛隊の司令官が、「防衛システムの担当者が巡航ミサイルと誤認した」と説明する一方、ロウハニ大統領が「アメリカの脅しで最高レベルの警戒態勢を敷いたためミスが起きた」と主張している。