ウクライナ大統領 イランに公式謝罪を要求

カテゴリ:ワールド

176人が死亡したウクライナ機の墜落について、イランが誤って撃ち落としたことを認めたことを受け、ウクライナのゼレンスキー大統領が、イランに公式な謝罪を要求した。

ゼレンスキー大統領は11日、自身のフェイスブックに「今朝は、とても気持ちのよくない朝だったが、真実の情報がもたらされた」と投稿した。

このコメントは、8日にイランで墜落したウクライナの旅客機について、イラン軍が11日に誤って撃墜したと認めたことを受けたもので、ゼレンスキー大統領は、イランに公式な謝罪と賠償金の支払いを求めた。

さらに、原因の調査を公開することや、責任者の処分と遺体の返還も要求している。