高須克弥院長生出演「建物を見ただけで緊張した」宮中茶会の舞台裏を語る!

カテゴリ:地域

  • 天皇皇后両陛下が催された宮中茶会に高須院長が出席
  • 「直撃LIVEグッディ!」のスタジオに高須院長が生出演
  • 宮中茶会の雰囲気や感じたことなど語ってもらった

26日午前、天皇皇后両陛下が主催する、即位30年を祝う宮中茶会が皇居・宮殿で行われた。

王貞治さんや黒柳徹子さんなど、幅広い分野の著名人が集まり、華やかな空気に包まれる会場。両陛下は招待者たちのすぐそばまで近づき、終始にこやかな表情で歓談された。そのお言葉は、両陛下のお心遣い溢れるものだったそう。

言葉を交わされた招待者は…

浅田真央さん:
お招きいただいて、自分自身の一生の宝物になりました。天皇皇后両陛下と話をさせていただきました。「今は何をされているんですか」というお話がありましたので、「今は全国でアイスショーを回っています」とお話させていただきました

澤穂希さん:
皇后さまがまずお声がけをしてくださって、「お久しぶりです、お元気ですか」「子育てはどうですか」ということを聞かれました。「娘も2歳になって、すごく元気に成長しています」とお伝えしました。

三浦知良選手:
皇后さまとお話しまして、Jリーグの元年からずっと見ていただいているということで「ずっとサッカー界を引っ張ってきてくれてありがとうございます」ということを言われました


きょうの「直撃LIVEグッディ!」では、茶会に参加した高須クリニック・高須克弥院長がスタジオに生出演! 知られざる宮中茶会の裏舞台を語ってくれた。

広瀬修一フィールドキャスター:
実はきょう、スタジオにあるものをお持ちいただきました。

広瀬:
こちらは、高須院長のもとに実際に届いた招待状です。これが届いた時はどんな気持ちでしたか?

高須院長:
もう身に余る光栄で。必ず行くために、あらゆるスケジュールを調整しました。

広瀬:
もう一つお持ちいただいたのが、お土産のボンボニエールに入った金平糖。ふたに菊の御紋がありますね。これはどういった意味合いの模様なんでしょうか?

橋本寿史(フジテレビ皇室担当解説委員):
皇室のなかではお祝い、慶事などがあるとボンボニエールを作って、招待された方々にお土産としてお持ちいただいています。今回の場合はご即位30年ということですが、確認すると10年20年のお茶会の時のものと形は同じようです。ふたの下の方に菊の葉、天皇家の御紋が菊ですので、その葉を模様とした菊文様という形になるそうです。

広瀬:
高須さんは、こちらの金平糖は召し上がりましたか?
 
高須院長:
はい、食べました。陛下のお気持ちがよく伝わる、暖かくて、故郷の感じがしました。子供の頃食べたような…。

安藤優子:
金平糖は特製なんですか?

橋本氏:
実は金平糖を作っているお菓子屋さんって大変少なくなっていて、京都に本店がある金平糖屋さんがいつも作っているそうです。金平糖もいろんなランクがあるみたいで、最高級のものなんですよ

サバンナ高橋:
これは出席された方全員もらうものなんですか?
 
高須院長:
はい。全員帰る時に「必ず賜りものを受け取っていくように」とカードを渡されて、それと引き換えにいただきました。

広瀬:
そもそも宮中茶会とはどのようなものなのか、説明します。

【即位記念の宮中茶会とは】
・政治家、功労者、各国大使など招待
・平成では天皇陛下即位10年ごとに開催
・今回は2日にわたり、計3回開かれる


広瀬:
茶会には、その時々の時代を代表した方々が招待されます。今回の宮中茶会では…

【今回の即位30年宮中茶会 参加者】
・25日午後6時~ 安倍晋三首相、国会議員など約440人
・26日午前10時半~ 各界で功績を残した著名人
・26日午後3時半~ 各国大使など
⇒計3回、約2100人を招待

安藤:
本当にいろんなジャンルにわたってるんですね。高須さんが今回お招きいただいた理由はどのようなものなんでしょうか?

高須院長:
いくつか心当たりあるんですけど、何かわからなくて…でも今気付いたんですけど、ナイチンゲール賞をもらったおばさまたちが何人かおいでになってて。ぼく日赤(日本赤十字社)で一生懸命働いてますので、そのルートかな。皇后陛下から勲章いただきましたから。

安藤:
もしかしたらそういう日赤に対する貢献ということも考えられるということですね。ご歓談は、ものすごく距離が近かったと思いますがどうでしたか。

高須院長:
実は、みんな陛下のお顔を見たいものですから前に出てしまって、宮内庁の人に「もう1列後ろに下がってください、列が乱れていますから整えてください」と注意されて、みんな下がりました。紳士淑女ですから、その時「チャンスだ!」って前に出ていく人はいなかったです。

広瀬:
こちらに会場の見取り図を簡単に用意しました。

広瀬:
天皇皇后両陛下は左側から入場されて、真ん中のあたりまで進んで、また左側に戻っていかれたそうですね。高須さんはどのあたりにいらしたんでしょうか?

高須院長:
左側の前から2列目ぐらいですね。

安藤:
ドキドキしますよね。こういう近さはなかなか見たことないですよね。

高橋克実:
ものすごく近かったですね。お帰りになる時に招待者の列が前後で変わるとか、そういうことはないんですか?

高須院長:
おいでになる時とお帰りになる時はだいぶ顔ぶれが変わってました。ぼくはお帰りになる時に前に出ました。

安藤:
会場はどのような雰囲気でした?

高須院長:
もう宮中に入った段階で建物見ただけで圧倒されちゃいました。一生懸命、失礼がないように…ぼくはパーティーなどは大体リラックスしているんですけど、今回はすごく緊張しました。

安藤:
ちょっとした軽食も出ると聞いたんですが、どなたもなかなか手をつけられなかったんですか?

高須院長:
小さいサンドイッチとかかっぱ巻きのような軽食はありましたが、あまり皆さん手を出してるようには見えませんでしたね。

安藤:
なかなか、そこでガバガバと食べたり飲んだりできないですよね。小さいサンドイッチというのも、ちょっとつまめて会話の邪魔にならない程度にっていうお気持ちを感じます。

三田友梨佳アナウンサー:
女性も正装してらっしゃるので、大きな口を開けなくて済むようにっていう意味合いもあるんでしょうね。

安藤:
高須さんは宮中に入ってからずっと緊張されていたっておっしゃってましたけど、なんとなくその雰囲気がまだ余韻として伝わってきますよ。

高須院長:
まだ残ってます。家に帰って、きょうはすごく良く眠れそうです。


(「直撃LIVE!グッディ」2月26日放送分より)