トヨタが「コネクティッド・シティ」建設へ 富士山麓に2000人規模

カテゴリ:テクノロジー

自動車メーカーが未来を切り開くため、2,000人が住む新しい街を作る。

アメリカのラスベガスで開かれる、最新の家電やデジタル技術が並ぶ世界最大級の見本市「CES」。

ここでトヨタが発表したのは、新製品ではなく、新しい街づくりの計画。

AIやロボット、自動運転車などを導入し、データやセンサーを通じて、人・建物・車が全てつながる未来都市「コネクティッド・シティ」。

その舞台となるのは、富士山にもほど近い静岡・裾野市。

2020年に閉鎖されるトヨタ自動車東日本東富士工場の跡地で、その広さはおよそ71万平方メートル、東京ドーム15個分。

初めは、トヨタの従業員やその家族などおよそ2,000人が住み、徐々に増やしていく計画で、最新技術の実証実験を行う。

自動車メーカーの枠を超え、つながる街づくりに臨むトヨタ。

その狙いは、開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることだという。

トヨタ自動車・豊田章男社長「この街は、これまで以上に他分野のビジネスパートナーたちとの協業のチャンスを生み、世界中にいる科学者や研究者を招き入れることができる」

最新技術の開発や効果の検証が行われるこの都市の建設は、2021年初めにも始まるという。