世界遺産の屋久島で観光客の“善意の金”を元職員が着服

  • 世界遺産 屋久島で観光客から集める善意のお金「入山金」約2900万円を元職員が着服
  • 着服の理由は「ネットギャンブル」の金欲しさ
  • なぜ2900万円も着服できたのか?

世界遺産で“善意の金”を巨額着服

世界自然遺産の屋久島で、登山客から集めた入山金など約2900万円を元職員が着服していたことが発覚。その莫大な金は「ネットギャンブル」に消えていたという。

1993年に日本初の世界自然遺産に登録され、樹齢3000年以上と言われる縄文杉がある森や、美しい滝など豊かな自然が人気の観光地・屋久島。

屋久島山岳部保全利用協議会によると、この協議会の統括・会計帳簿の管理を担当していた40代の男性職員が「入山協力金」約2900万円を着服。
2月15日、協議会の総会に先がけて行われた内部の事前検査の際、元職員が自らの不正を告白し発覚したもので、男性職員はその後、解雇されている。

「入山協力金」とは2017年からスタートした制度で、環境や美観の保全を目的に山に入る登山客から“任意で”集めているもの。
対象者は中学生以上の登山客で、日帰り入山の場合は1000円・山中で宿泊する場合は2000円となっている。

観光客が窓口で納めた協力金などはその日のうちに協議会事務室の金庫へ入れられ、その後、月に数回に分けて協議会の口座に振り込まれていたというが、元職員はこの際、お金の一部を抜き取って入金していたのだという。

親族「善意の金と知っていた」

25日に開かれた協議会による会見では「横領は平成27年ごろから行っていた」ことも語られた、この前代未聞のトラブル。
元職員の親族とみられる女性はFNNの取材に対し、「善意のお金だとわかっていた」とコメントしている。

――今回(着服を)やってしまったのは間違いない?

親族とみられる女性:
はい、わかります。それは十分。


――本人は反省している?

親族とみられる女性:
大いに反省しています。


――(入山金は)善意のお金だと認識は?

親族とみられる女性:
わかっています、それも十分。

着服の理由は「競馬に使うお金欲しさ」

他にも、様々な手口で着服していたという元職員。
立場を悪用し手に入れた2900万円もの金は「インターネットギャンブル」に消えていたという。

屋久島山岳部保全利用協議会の担当者:
当事者はインターネットでのギャンブルにのめりこんだようで、ギャンブルに使うお金欲しさに、当協議会の協力金等を横領していたようであります。

元職員は着服の理由について「インターネット上で競馬に使う金欲しさ」と話しているとのことで、元職員を知る人は「人に迷惑かけるような人とは思わなかった。日頃真面目な人だから…」と驚きをにじませた。

元職員の親族の女性は、2900万円ものお金を「全然知らなかった」と語り、「屋久島を好んで来た方々に本当に申し訳ない。それだけです。本当に申し訳ないと思っています」とコメント。

協議会は再発防止策としてキャッシュレス化の推進などを行うとしている。


(「プライムニュース イブニング」2月25日放送分より)



プライムニュース イブニングの他の記事