男に無期懲役 遺族「死刑でも足りない...」 新潟女児殺害

カテゴリ:国内

新潟市で当時小学2年の女子児童が殺害された事件の裁判員裁判で、被告の男に無期懲役の判決が言い渡された。

小林遼被告(25)は2018年5月、新潟市西区で、当時小学2年の女子児童にわいせつな行為をして殺害し、遺体を線路に遺棄するなど7つの罪に問われていた。

検察側は、死刑を求刑したが、新潟地裁は、殺意は認定した一方で、計画性は認められないなどとし、小林被告に無期懲役を言い渡した。

裁判のあと、女子児童の遺族は、「宝物である娘の命を奪った以上、命をもって被告人が罪を償うのが当然で、死刑でも足りないと思っています。被告人がこれからもずっと生きていく理不尽は納得できません」とコメントを発表。

弁護側は、控訴するか明らかにしておらず、検察側は、「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントしている。

(NST新潟総合テレビ)