令和初おせち商戦は自分流 「100円」「脱お重」

カテゴリ:ビジネス

変わるおせちの形に迫った。

2019年も残すところあと1カ月。

令和になって初めて迎えるお正月に備え、おせち商戦もたけなわ。

ライフスタイルの変化に合わせ、おせちも多様化。

「西武池袋本店」では、客のニーズに応えようと、少量のものや1人用のおせちに加え、2019年は、お重に入れない「脱お重」おせちも登場した。

48種類の料理を1品ごとに小分けにしたカップおせち。

手作りおせちと組み合わせて、自分流にアレンジすることもできる。

「脱お重」は、有名料亭監修の高級おせちだけではない。

ローソンが4日に発表したのは、100円おせちの新商品。

定番のかまぼこやだて巻き、黒豆に加え、2019年は、その数32種類。

「つくだ煮を増やしてほしい」という高齢者の声や、「海鮮系やサラダ系を増やしてほしい」という女性の要望に応えた。

32種類を全てそろえても3,200円(税別)。

自分の好きなものだけを集めた手軽なおせちも実現できそう。

ローソンストア100商品本部・近藤正巳副本部長「おせち料理は、1人で楽しむのではなく、家族で食べるものだったが、(1人だと)気軽に買えないから、やはり単身の方たちに商品の評価をしてほしい」

令和初のお正月。

おせちを食べると回答した人は61.2%、時代とともに形を変えつつも、おせちの伝統は根強く残っているようす。