アフガニスタンで長年支援活動 中村哲医師が銃撃受け死亡

カテゴリ:ワールド

アフガニスタンで支援活動をしている福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の中村哲医師が4日、東部のジャララバードで、何者かの銃撃を受け死亡した。

アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで、4日朝、ペシャワール会現地代表の中村哲医師を乗せた車が、何者かの銃撃を受けた。

中村医師は右胸を撃たれたということで、現地の軍用基地に運ばれ治療が続けられたが、その後、死亡が確認された。

現地メディアは、この銃撃で中村医師と一緒にいた運転手と警備担当者あわせて5人も死亡したと伝えている。

中村医師は、長年にわたる医療支援活動などが評価されて、アフガニスタン政府から2019年、名誉市民権を授与されている。

現場となったアフガニスタン東部は、反政府勢力「タリバン」や過激派組織「イスラム国」など、イスラム過激派の活動が活発な地域で、現地当局が当時の状況を調べている。