米軍艦船の廃水を規定通り処理せず横須賀などで不法投棄か 米紙報道

カテゴリ:ワールド

アメリカ海軍と契約する日本の請負業者が、艦船から出る廃水を不法投棄した疑いがあるとして、当局が捜査に乗り出しているとアメリカの大手メディアが伝えた。

これは、「ウォール・ストリート・ジャーナル」が2日、当局者の話として伝えたもの。

記事では、アメリカ海軍と契約する神奈川・横浜の廃水処理業者が、艦船から出る廃水を契約通りに処理せず、第7艦隊が拠点を置く神奈川・横須賀市など、3つの港で不法投棄した疑いがあるとしている。

また、不法投棄は2008年から行われ、告発があったにもかかわらず、事実が隠ぺいされた疑いがあり、海軍や司法省などが、2018年3月に捜査を始めたとしている。

この廃水処理業者は、FNNの取材に対し、「そういう事実は一切ない」と報道内容を否定している。

一方、菅官房長官は3日午前、「現在、関係当局からアメリカ側に事実関係を確認中だ」と述べ、事実関係を確認したうえで、政府として今後の対応を検討していく考えを示した。