4日にかけ暴風・大雨に警戒を 北日本の日本海側中心に

カテゴリ:国内

北日本では日本海側を中心に、3日から4日にかけ、強い寒気の影響で冬の嵐となる見込み。

北海道・函館の3日朝の映像。

冷え込む中、歩いている人たちが、フードで顔を覆う様子が見られた。

北海道で4日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで50cmとなっている。

一方、秋田市内でも雪となり、午前10時の気温は1.8度だった。

気温は、これからさらに下がる予想。

北海道と東北で、4日にかけての最大瞬間風速は35メートル、波の高さは6メートルなどと予想される。

特に、北日本の日本海側では、大荒れとなる予想。

猛吹雪や吹きだまりによる交通などへの影響に警戒が必要。