両陛下「親謁の儀」 昭和天皇陵・大正天皇陵を参拝

カテゴリ:国内

天皇皇后両陛下は3日午前、昭和天皇陵と大正天皇陵を参拝し、陛下の即位にともなう「親謁の儀(しんえつのぎ)」に臨まれた。

3日朝、両陛下は、お住まいの赤坂御所を出発し、高速道路を使って、東京・八王子市の武蔵陵墓地に向かわれた。

沿道には、地元町会の山車も出るなど、多くの人たちが即位後初の参拝を歓迎した。

沿道の人は、「こういうことはめったにないので、山車まで出て、みんなでお祝いできたのはいいこと。楽しい1日になると思います。幸せです」と話した。

そして、午前10時すぎ、両陛下は、武蔵陵墓地に到着された。

モーニング姿の陛下は、昭和天皇が眠る陵墓に進み出て、玉ぐしをささげて拝礼し、「即位の礼」と「大嘗祭(だいじょうさい)」を終えたことを報告された。

続いて、グレーのロングドレス姿の皇后さまもゆっくりと陵墓へ進み、玉ぐしをささげ、深く拝礼された。

このあと両陛下は、大正天皇の眠る陵墓にも順に参拝され、先週の神武天皇陵や明治天皇陵などに続く、歴代天皇陵への「親謁の儀」が終了した。