新井浩文被告に懲役5年の実刑判決 「合意あったとの誤信 考え難い」

カテゴリ:国内

元俳優の新井浩文被告(40)に、懲役5年の実刑判決。

新井浩文被告は2018年7月、都内の自宅で出張マッサージ店の女性に性的な暴行をした罪に問われ、「合意があったと思っていた」と無罪を主張していた。

2日の判決で東京地裁は、「合意があったと誤信するとは到底考え難い」、「マッサージの施術中という抵抗しにくい状況に付け入り、性的な欲求を優先した卑劣で悪質な犯行」と述べ、懲役5年を言い渡した。

弁護側は、判決を不服として即日控訴し、新井被告は、実刑判決を受けていったん身柄を拘束されたものの、すでに納めている保釈保証金500万円に加え、250万円を追加納付して、再保釈された。