問題会社の幹部が招待 安倍首相「関係一切ない」

カテゴリ:国内

安倍首相は、2日午後の参議院本会議で、「桜を見る会」にマルチ商法を展開していた会社の幹部が招待されていたことについて、「個人的な関係は一切ない」と強調した。

社民党・吉田参院議員「安倍総理、昭恵夫人はジャパンライフの山口元会長と、面識はあるか」

安倍首相「(山口元会長について)私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しないが、個人的関係は一切ない」

安倍首相は、ジャパンライフの元会長について、「1対1で会ったことはない」、「妻は元会長との面識はない」と述べる一方、自身の推薦枠に含まれていたかどうかには、言及しなかった。

これに先立ち、自民党の森屋議員は、「桜を見る会」の招待者名簿を破棄した経緯をただした。

安倍首相は、「予定通り廃棄したもので、野党議員からの資料要求とは全く無関係だ」と強調し、破棄された電子データの復元については、「不可能だ」と述べた。

共産党・田村参院議員「総理、『桜を見る会』で、あなたと自民党がやってきたことは、まさに、税金を使った事実上の買収行為ではないか」

安倍首相「招待者は、提出された推薦者につき、最終的に内閣官房および内閣府において、取りまとめを行っているところであり、公職選挙法に抵触するのではないかとのご指摘はあたらない」

また、共産党の田村議員は、「桜を見る会」の支出額が予算を大幅に上回ったことを認識した時期についてただしたのに対し、安倍首相は、「支出の詳細について、わたし自身認識していなかったが、結果的には望ましいものではなかった」と述べた。

一方、安倍首相は「桜を見る会」を廃止すべきだとの質問に対し、「(桜を見る会を)現時点で廃止することは考えていない」とする一方、招待基準の在り方や関連する文書の保存期間などについて、今後検討していく考えを示した。