米軍艦“拒否” 「香港人権法」で報復

カテゴリ:ワールド

中国外務省は、アメリカで「香港人権・民主主義法」が成立したことへの対抗措置として、アメリカの軍艦と軍用機が整備などのために香港に立ち寄ることを、一時的に拒否すると発表した。

華春瑩報道局長は、「国際法と国際関係の基本原則に著しく違反し、重大な内政干渉だ」と述べた。

さらに、アメリカの人権団体など複数のNGO(非政府組織)について、「香港を独立・分裂させる活動をあおった」として制裁するとしたが、詳細については明らかにしていない。