奇岩の名所で日本人3人転落し死傷 米・アーチーズ国立公園

カテゴリ:ワールド

アメリカ・ユタ州の国立公園で11月29日、ハイキングをしていた日本人3人が転落する事故があり、2人が死亡していたことがわかった。

また、もう1人もけがをしていて、現地の日本総領事館が、事故の詳細の確認を急いでいる。

11月29日午前7時半ごろ、ユタ州のアーチーズ国立公園でハイキングをしていた日本人の男女3人が転落した。

地元警察などによると、死亡したのは、カリフォルニア州の網本敏明さん(65)と妻とみられている。

また、一緒にいた息子とみられる30歳の男性もけがをして、ヘリコプターで病院に搬送されたが、けがの程度はわかっていない。

現場となったアーチーズ国立公園は、アメリカ西部ユタ州にあり、浸食によってできたアーチ状の岩が2,000個以上あり、日本からの観光客も数多く訪れることで知られている。

公園のSNSは、この日、雪が積もっていて滑りやすい状況だと、来園者に注意を呼びかけていた。