安全保障分野での協力強化 日インド外務・防衛閣僚協議

カテゴリ:ワールド

茂木外相と河野防衛相は11月30日、インドと初めての開催になる外務・防衛閣僚協議に臨み、双方で物資などを融通し合う「物品役務相互提供協定」の早期締結を目指す方針で一致した。

この中で両国は、自由で法の支配に基づくインド・太平洋に向けた認識を共有した。

海洋進出を強める中国を念頭に置いたもので、安全保障分野の強い連携をアピールした形。

さらに両国は、航空自衛隊とインド空軍の戦闘機訓練を日本で開催する方向で調整するほか、燃料や物資などを相互に融通し合う「物品役務相互提供協定」の早期締結を目指すことを確認した。

茂木外相は「自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、地域における協力関係強化をしていきたい」と述べた。

河野防衛相は「安全保障協力をしっかり進めていく、その土台を作ることができたと確信している」と述べた。

政府はこうした合意を、12月中旬に予定される安倍首相のインド訪問への弾みにしたい考え。