「遠からず本物の弾道ミサイル」 “北”外務省高官が談話

カテゴリ:ワールド

北朝鮮メディアは、安倍首相を非難する外務省高官の談話を伝え、「遠からず、本物の弾道ミサイルを見ることになるだろう」と警告した。

北朝鮮外務省の日本担当副局長の談話では、北朝鮮が「ロケット砲」とする、28日の飛翔(ひしょう)体発射を、日本政府が「弾道ミサイル」と発表したことについて、「ロケット砲とミサイルも見分けられない」と批判した。

さらに、安倍首相を侮辱的な言葉で非難し、「遠からず、本物の弾道ミサイルを間近から見ることになるだろう」と警告している。

北朝鮮としては、米朝協議の期限と一方的に主張する年末が迫る中、長距離弾道ミサイル発射も辞さない構えをあらためて示し、アメリカや日本を揺さぶる狙いがあるとみられる。